今日も一日がんばるぞー @^^@

17
↑さっそく探検を始めよう。
ふむふむ、ずいぶんと広そうだ。

28
↑で、反対側は。
なんじゃこの暗さは!怖すぎるじゃないか!@><@ プルプル

20
↑ハァハァ(息切れ) これでどうだ!
怖さに耐えながら素早く闇を消してやったよ。
闇の恐怖に怯えながらの作業だったから少し手際が荒かったけど・・・
たぶん行き止まりまで進めたよ・・・

もう許して~、反対側へ進みたい@><@
僕はこういうの苦手なんだ。水族館とか暗いの怖すぎるんだよ~・・・

15
↑やっぱり明るいところはいいな~。
はしごを器用に壁に置いてスルスルと下りて来たぞ。
目の前に見えるはしごの奥に洞窟に続いてそうな穴があるから進んでみよう@^^@

45
↑やっぱり続いてる。これは楽しめそうだ。

ところで今回の洞窟探検は素早く攻略していく予定なんだ。
地図を見て思ったんだけど、うれしいことに狭い範囲に三ヶ所も渓谷を見つけることができた。
ひとつの渓谷に長い時間をかけて探検していたら、
僕の探検を心待ちにしている順番待ちの渓谷たちが退屈なんじゃないかと。
僕も多くの渓谷をこの目で見てみたいからね@^^@

35
↑石炭発見!経験値もガッツリいただこう。 ホリホリッ

01
↑一マス分空いた壁の奥に空洞が見えたから掘ってみると
その先はとても広い場所につながっていたよ。
この広場からたくさん道が派生してるから順番に片付けていくぞ。

05
↑順調に探検を続けていると深い裂け目に出くわしたよ。
下を覗き込むとかすかに底が見える。
モンスターが今にも沸きそうなほど暗いしさすがに危険だからここは引き返すとしよう。

55
↑なんとダイヤモンドを発見!これはとてもラッキー@^^@
何がラッキーかって、足下に埋まっていた鉄鉱石を採掘していたらその下から
このダイヤモンド鉱石がひょっこり顔を出してきたんだ!
ダイヤモンドのつるはしの耐久値に余裕があったから鉄鉱石を片っ端から採掘していたおかげだね。

27
↑そして、ダイヤモンドと鉄のツルハシの耐久値がどんどん減っていくのと同様に
今回の渓谷で大きな収穫はあるのだろうかと・・・
半ば僕の期待も消えかけていたその時。

なんとスポナー部屋を発見!
うおー、この石ばかりの洞窟の世界。床に現れた苔混じりの石を見た瞬間
僕のテンションはだだ上がりに!

27
↑掘らずに引き当ててしまった。
そしてスポナーはスケルトンスポナー!一体どのくらいの確立なんだろう。
たんさんの枝分かれした道に松明をばら撒いてきて・・・
ありがとー!僕はただただ感謝したよ。この幸運な出来事にね。

そして、さらに僕を喜ばしてくれるのかい?
この二つのチェスとが僕には見える!さっそく開けてみよう!

51
↑チェスト(1/2)
素晴らしい!クラフトでは作り出せない馬鎧がある!
これはレアアイテムと言うべきもの。大当たりだ@^^@

31
↑チェスト(2/2)
こっちにはネームタグが入ってる。
名前を付けられる素晴らしいアイテムだよ@^^@

17
↑今とても興奮してるよ。
スポナーを発見できたことだし今回の渓谷からのプレゼントとしてしっかり受け止めて引き上げにしよう。
最後にスポナーの座標を書きとめて地上の同じ場所に目印を付けて帰るぞ。

45
↑その前に渓谷の拠点に戻ってきて。
チェスト(1/3)
上二行が渓谷探検の収穫。

02
↑チェスト(2/3)
石類の収穫。鉱石を採掘した場所を石で埋め戻していたから
手元にはこれくらいしか残らなかったよ。

21
↑チェスト(3/3)
鉱石類は今回も大量@^^@
ラピスラズリは鉱石があまり見つからなかったものの鉄のツルハシに付与された
幸運エンチャントの恩恵を与って有り余るほどの量を手に入れることができたぞ。

15
↑最後にスポナーのある場所に柱を建ててと。

46
↑いざ帰還!嬉しい大量の荷物がずっしりと重いよ@^^@

51
↑スケルトンスポナーを発見できた記念すべき渓谷。
そうさ、あの渓谷はスケルトン渓谷だ!